冬に最適な生姜を活用したグリーンスムージー

たくさんの生姜
冬のグリーンスムージーは冷えを防ぐための様々な工夫が必要です。その工夫のひとつが「生姜」の存在です。生姜はからだをあたためる存在として知られていますが、英語でジンジャーと呼ばれています。海外では薬品として利用されていたりハーブやアロマとして利用されていたり色々な方面で活躍している野菜のひとつです。具体的な効能は血液の循環をスムーズにしれくれます。血液循環が良くなることで体を温めてくれたり、免疫を高めてくれます。さらに、胃腸に刺激を与え消化機能を促進させる効果もありデトックス作用もあるとされています。血液循環を高め不要物を排出するので便通の改善にも効果があります。

 

生姜のその効能を活かし、体をあたため寒さから守るべき必要がある冬場はスムージーにもよく使われています。グリーンスムージーは基本的に生野菜や果物が使われているので冷たいまま飲むものだとされています。加熱することで失われやすい生の酵素や栄養素がとれるため栄養価が高いともされていますが、内臓に冷たいものを与え内臓を冷やし血行不良や体調不良を引き起こすなどの悪影響を与えては元も子もありません。そのため冬場には寒い時期にあった飲み方でグリーンスムージーを飲む必要があるのです。

 

生姜の使い方は、普通のグリーンスムージーに絞り汁やパウダー状になっているものを混ぜるだけでも冷たいまま飲むより血液循環を高め効果が高くなります。手作りはもちろん市販されているスムージーにそれらを混ぜるだけでも十分効果が得られます。しかし、それでも外の気温が寒い時などは、やはり冷たいままだと内臓には刺激が高くなってしまいます。そういった際には生姜をメインに使ったスムージーも市販されていますし、ホットスムージーに生姜を混ぜるなどで工夫してみるといいでしょう。

 

健康に良いグリーンスムージーですが冷たいままだと内臓に負担を与えかねません。そういったことを解消するためにも生姜を積極的に活用しましょう。